概要

今までの概念を超えた全く新しい痩身法、パラボラ痩身法

即効性 名前の通りSWORD(剣)で脂肪をそぎ落としていくように、今までにはない即効性を追求。
利便性 機械操作を極限まで減らし、エステティシャンが持ちやすく力を入れやすい構造を追求。
確実な効果 誰が使用しても確実に効果を出す、オートマチックなプログラムを追求。

BEAUTY BODY MAKING

BEAUTY BODY MAKING

高密度球体式連続超音波(特許出願中)

高密度球体式連続超音波の理論

表皮と真皮の厚みは平均で2mm程度です。MELTは皮下4mm(皮下脂肪層)を中心に直径3mmほどの球体で集束します。超音波をそのまま点で集束させると、物理的に交わる点の部位は無限大の大きさになってしまいます。それを避けるために、発信させる部位にエラストマー(※1)を装着しこの素材特性と肌に浸透する際の屈折・干渉波により点でも面でもなく球体で集束するように調整されています。高密度焦点式超音波機器(※2)に比べ数十倍の面積を施術することができ、なおかつ連続で発信し続けることで短時間で広範囲のトリートメントが可能になりました。

BEAUTY BODY MAKING

超音波のエネルギーレベル

超音波の発振表面積と集束される球体の中心面積(長径3mmとして)は約70分の1です。強さは70倍ということになります。
70倍の強烈な振動により、脂肪分解促進とセルライトの除去効果を発揮します。
人間の体感は表面で感知するため穏やかな体感ですが、実際は皮下4mmで強く振動する球体が発生しています。

  • (※1)エラストマーは生ゴムがゆるやかに架橋した三次元網目状高分子構造をもち、小さな外力で大きく変形し外力を除くと、ただちに元の形に戻る性質がある。エラストマーは、可逆的な変形が可能なゴム弾性を示す物質である。
  • (※2)高密度焦点式超音波とは、「High Intensity Focused Ultrasound」の略。一点に力を集中させる超音波。

コース内容・料金表